広告
博士課程の学生が私企業に就職するまで サボタージュ
博士課程の学生が私企業に就職するまで
博士後期課程に在籍している私が、2008年4月から働けるように就活をしていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サボタージュ
ストリームの記事を書いてから
燃え尽き症候群?春眠暁を覚えず?で
少しブログの更新を怠っていました。
ブログを見て頂いていた方々、申し訳ありません。

さてすでに4月に入っていますが
皆さんの周りではお変わりありませんか?
通勤時間が長い働きエビの変化は

1.TBSラジオ ストリームのpodcastの
 過去の配信分でダウンロード出来た分を聞いた。
2.日経新聞のpodcastが配信中止ー有料化したので
 購読するか、ちょっと迷い中。
3.電車で明らかなフレッシュマン(特に大学生)が増えて
 電車が混んでいるので辟易。
4.研究開発部内の転属で新たな事をする事になった。
 (実はあまり興味が無い)
5.転職活動、学位論文ともに少し停滞中。
6.多分、骨折した鎖骨がほぼくっついて
 腕が結構、動くようになってきた(笑)

最近、とあるラジオ番組の影響で(笑)
既存のメディアなどの報道に
あまり満足出来なくなりつつあります。
何か特別な出来事があった場合は
一般紙を3?4誌(朝○、産○、読○は必ず)を買って
読み比べをしています。
同じ事実でも
異なる新聞社が書けば
見方も異なる、非常に面白いです。

今更ではありますが
世の中に報道されている出来事と言うのは
何重ものフィルターをかけられた後
世の中に出てきます。
取材をした記者、編集者、
さらに場合によっては
情報を取り扱う会社の方針などで
書き換えられるとまでは言いませんが
何らかの歪曲がある場合も多いと思います。

今に始まった事ではないですが
週刊誌が売れないとか
新聞の発行部数が低下しているとか
出版業界には非常に厳しい状況が言われています。
(新聞に至っては発行部数の水増し疑惑まで出ています。)
(ちなみに発行部数世界一は日本のとある新聞ですが
....発行しているだけで実売は半分程度??らしい)
厳しい事を言うようですが
興味深い情報が少なくなってきているからでしょう。

また週刊誌の印象は、あくまでヌードグラビアですし。
きっと有用な情報をあるのでしょうが
グラビアのせいで
あまり買おうと言う気にはなれません。
週刊誌も一度、ヌードグラビアから
足を洗えばどーでしょうか。
女性の読者が増えて
発行部数も増えるような気もします。

新聞においても、長期取材など
それでしか読めない記事がどんどん少なくなっています。
それでは速報性の高いTVやインターネットに負けるのも
仕方が無いと言うモノです。

特に新聞記事が酷くなったなぁと思うのは
...新聞において政変などが起きると
各紙、特集を組みます。
例を挙げると
とある首相が辞任する決断を分析する記事や
辞任に至る過程を書いた記事、検証記事などですが
妙に風景描写が出てくる事が多くなってきています。
「xx(首相)は窓の外を見た。
雨が津々と降っていた。」
って、それは新聞記事ではないです。
しかも「記者は隣で見てたんかい!!」って
ツッコミを入れたくなります。
って思うのは働きエビだけでしょうか?

ただTVは報道はともかく、他は本当に酷いですね。
もうそろそろTV局自体も
潰れる所が出てきてもおかしくないように思います。

ココ数年、働きエビ自身の中でも
メディアリテラシーというか
報道されているからと言って
すべてが真実ではない
TVで報道されていても間違いもある
という事を強く認識するようになってきました。

前にも書いたかもしれませんが
もっと「国益」というモノを考えたいと思います。
それは右翼でも左翼でもなく
ただ純粋に
今後の日本国の事を考えていきたいと思います。

今日は酷いくらいの駄文で
論理としてきちんと構築出来ていない部分も多いですが
働きエビの防備録としての側面もありますので
お許しください。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

copyright © 2005 博士課程の学生が私企業に就職するまで all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。