広告
博士課程の学生が私企業に就職するまで ほぼ内定......みたいです。
博士課程の学生が私企業に就職するまで
博士後期課程に在籍している私が、2008年4月から働けるように就活をしていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほぼ内定......みたいです。
さてさて
前述の記事でも書いたように
30日に新たな面接が設定されました。
印象としては
「色んな面白い事やりたいから
面白い事を考えてる変人の方、来て下さい」

みたいな感じなので、働きエビにはモッテコイです(笑)

なのですが
。。。実は5月の下旬に行ったW○Bの就職フェア
2社の面接に行った事をチラッと書いたと思います。
1つは在阪の企業
もう1つは神戸にあるバイオ系ベンチャー企業です。
そのうち在阪の企業から
明日、役員面接の予約を頂きました。
神戸のベンチャー企業についてですが
当初の予定だと次は役員面接でした。
ところが。。。役員面接ナシで
来てくれてもOKって言われました。
具体的な条件も言われました。
。。。コレっていわゆる内定って事ですよねv(^^)v

返事は明日の
在阪企業の役員面接後という事にしてもらっています。

在阪の企業とは本業は他にあって
社内ベンチャーとして基礎研究を行って
そこからビジネスと発展させていくという仕事です。
基本的には大学との共同研究という
カタチを取るだろうと言う事を前回の面接で聞いています。
かなり色んな知識/考え方が必要そうです。
ちなみにコッチは今の家から通えます。

神戸のバイオ系ベンチャー企業は
新たなタンパク質の過剰発現系の構築という仕事です。
これまでの分子遺伝学的なスキルを活かせそうです。
コチラは一人暮らしをする事を前提に
最初のうちは通う事になると思います。

働きエビとしては
どっちも魅力的だなぁと思っています。
ただコレまでの研究を活かせるのは在阪企業で
バイオ系研究職の正統派としては
神戸のベンチャー企業だと感じています。

まだ在阪の役員面接に臨む前なので何とも言い難いですが
どっちにしようか悩み中です。
在阪企業から具体的な待遇条件を聞いていませんが
おそらくほぼ同じだと思われます。
どっちにしようか。。。アドバイスを待ってます。
(ってか、この程度の情報じゃ
何にも分からないですよね。。。。汗)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

copyright © 2005 博士課程の学生が私企業に就職するまで all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。