広告
博士課程の学生が私企業に就職するまで どーなるのか。。。
博士課程の学生が私企業に就職するまで
博士後期課程に在籍している私が、2008年4月から働けるように就活をしていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どーなるのか。。。
ここ数日中に某大手企業の契約社員の返事が来ます。
先日の記事
『つなぎとしての契約社員はオススメではない』と
パンダさんからコメントを頂きました。
働きエビの友人からも同様の事を言われています。

しかも今日
関西(ってか京阪神)地域の一般派遣なのですが
比較的、時給も良いので。。。
これでは本当に学位を取るまでの腰掛け
おそらく働きながら
就活を継続していくって事になるとは思います。

特定派遣会社がきちんと採用してくれれば
この問題は解決するような気もするのですが。。。
とりあえず、メールしてみます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
年金とか。。。
Wさん、パンダさん
書き込みありがとうございます。
今日、研究室の先輩と久しぶりに連絡を取りました。
それによると
研究室のボス(教授)は
雑務に忙殺されていて、研究どころではないそうです。
耐震工事の責任者になっていて
半年くらいは研究の進展等は難しいようです。

なので、近くにいて研究や論文執筆など
ボスにコチラから
プレッシャーをかけた方がいいのではないかとの
助言を頂きました。

詳しい事は新たな記事にしたいと思います。
2008/04/19 (土) 23:32:52 | URL | 働きエビ #-[ 編集]
期間と目的がはっきりとしているのなら、
一般派遣で働くのもありだと思います。

働きエビさんの場合、

・期間 → 学位を取得するまで
・目的 → 生活収入を得る

と、一般派遣で働く理由が明確なため、
そうした道を検討されても良いのでは
ないでしょうか。

コメントで、働きエビさんの最終目的は
正社員であるという一文を拝見しました。

であれば、正社員期間が20年以上に
なることを一つの目標にされても
良いと思います。

会社員(派遣でもOKなところあり)として
厚生年金を20年以上払っている人だけが
受けられる恩恵があります。

例えば「加給年金」制度は、ご自身が
65歳になった時、65歳未満の配偶者が
いた場合、年間39万6000円が
働きエビさんに支払われます。

※配偶者が年収850万以上であったり、
 配偶者自身が正社員期間20年以上の
 厚生年金を受給していない場合

こうした制度に代表されるように、
企業に長く務めるメリットはあちこちに
転がっています。

早くスタートすればするほど将来設計が
立てやすく、変化が起こっても対応が
可能です。

いろいろ大変だとは思いますが、
最終目標の正社員雇用に向けて、
がんばってくださいね!

2008/04/18 (金) 10:54:13 | URL | パンダ #-[ 編集]
学位後。。。
働きエビは今でも
正社員として、ベンチャー企業も含め
メーカーで働きたいと思っています。

それは私の夢とか理想と
非常に密接に関係しているので
簡単には言えませんが。

でも収入がないという事は
人の気持ちも貧しくさせてしまいます。
それは去年1年間、奨学金をもらえず
貯金を切り崩して生活していた時に
気付きました。

何とか。。。生活出来るだけの収入でもあれば
もう少しドッシリ構えて
考える事も可能だと思うのですが。。。
2008/04/18 (金) 01:12:04 | URL | 働きエビ #-[ 編集]
色々お疲れ様です。

エビちゃんは学位を取った後、どんな風に生きて行きたいのですか?

それによってどういう働き方が適しているか、大きく違ってくると思うのですが・・・
2008/04/17 (木) 20:52:20 | URL | W #5ViV1e1s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

copyright © 2005 博士課程の学生が私企業に就職するまで all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。