広告
博士課程の学生が私企業に就職するまで 契約社員って。。。?
博士課程の学生が私企業に就職するまで
博士後期課程に在籍している私が、2008年4月から働けるように就活をしていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
契約社員って。。。?
さて、改めて二次面接の事を記事にしようと思います。

4月10日に関東方面で、3月下旬に面接に行った
某有名企業に二次面接に行ってきました。
かなりイレギュラーな状態での面接でした。
というのも、先に健康診断をしてから
人事課の方と、主に待遇面に関する面接でした。

待遇の中で働きエビが最も気にしていた事は
契約社員から正社員での登用です。
最長5年間の契約社員という事で
出来れば正社員になりたいと思っています。
そこでその事を重点的に聞こうと思っていました。
また予め転職エージェントを通じて
正社員登用の話を聞くと伝えてあったので
かなり詳細なお話をする事が出来ました。

で、正社員登用についてですが
正直、かなり難しそうな印象を受けました。
今までの実績では
正社員登用試験は2年に1回くらい
しかも働きエビが登用試験に推薦されるかどうかは
五分五分よりも低いようでした。
働きエビが採用される部門に
既に契約社員の方がおられて
その方が希望するならば、その方を推薦するようです。
次の登用試験でその方を差し置いて
働きエビを推薦すると角が立つためだそうです。
なので、5年間でチャンスは一度だけ。。。
それも4年目以降になりそうな口ぶりでした。

実は正社員登用について
この企業独自の問題があります。
この企業では、これまでの主要部門が時代の流れとともに
需要が1/5以下(働きエビ印象)に低下しました。
そこでこれまでのノウハウを活かして
医薬系やバイオ関連などに事業を広げています。
(ご存知の方は少ないかもしれませんが
もともとバイオ関連では特許を幾つか持っています。)
しかし主要部門(製造)での正社員がかなりの数であるため
現在、正社員が余剰な状態にあるそうです。
そんな中、違うスキルを持っているとは言え
ポンポン新たに正社員を登用出来ないというのが
本社(人事?)の考えだそうです。
しかしモチベーションなどの問題で
工場側がかなりゴリ押しをして
昨年、正社員登用試験を行ったらしいです。

また非常に気になる事が1点あります。
先日の一次面接において
配属予定の課のトップ(No.2かも)方と話した時も
今回、二次面接で人事の方と話した時も
お二人とも同じ事を仰りました。
「個人的には、
非常に慎重に決断する事をお勧めします」

この発言に関して
マイナスに感じない方はいらっしゃらないように思います。
働きエビも当然、そのように感じました。
以前の面接でも
スキル等は現在の働きエビさんの
持っておられるので十分すぎるほどです。

とは言われました。
逆に言うと
「基本的なスキルアップはありません。」
ということなのでしょうか。

この面接について
皆さんはどのように思われるでしょうか?
働きエビ自身、非常に迷っています。
何らかのアドバイスを頂けると
参考にさせて頂きたいと思います。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

copyright © 2005 博士課程の学生が私企業に就職するまで all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。