広告
博士課程の学生が私企業に就職するまで 大学院生にこそ読んで欲しい本
博士課程の学生が私企業に就職するまで
博士後期課程に在籍している私が、2008年4月から働けるように就活をしていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学院生にこそ読んで欲しい本
働いている方にはもちろんなんですが学生。。。
特に研究室に所属している大学院生に
読んで欲しい本があります。
成功者の告白という本です。
これは基本的には経営学の本です。
著者の神田さんという方は
きっと経営者に向けて本を書かれたのだと思います。
これから起業しようと考えてる人
あるいは起業したが様々な問題を抱えた人に向けた本です。
グループの運営についてのノウハウや
グループの中でのリーダーの振る舞いについてなど
経営だけでなく
様々なグループの運営向けでも書いてあります。

それがなぜ、大学院生に読んで欲しいかと言うと
大学院生の中でグループ運営について
考えた事が有る人はあまり多く無いと思います。
この本にはグループ運営だけじゃなく
グループの運営者(教授やボス)が構成者に
どのような事を望んでいるか
また何をすればグループ運営者の目に留まるかという事が
運営者(=経営者)の視点から書かれています。
それは実際にはあまり聞く事が出来ない運営者の要望です。
それらを満たして
なおかつ将来的に自分が運営者となる時に
構成者をどのようにやる気にさせるかについて
考えさせられる本です。

成功者の告白の主人公も
雇われる側(=サラリーマン)から
雇う側(=経営者)になった時に様々な苦難に直面します。
その際に経営者視点のグループ運営について
考えさせられる事になります。
本の中では、救世主が現れて
主人公と会社/家庭は大事に至らずに済みます。
その事を事前に知っている事は
色々なアドバンテージになります。

働きエビもこの本を読んで
グループ運営者とまでは言いませんが
「もし自分がグループ運営者なら
どのようにして欲しいか」
という事を
考えるようになりました。
この本を読んで、色んな事を考えさせれました。
皆さんにお勧めの一冊です。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます
コメントありがとうございます。
私は神田さんの本は
成功者の告白しか読んだ事がないのですが
内容というか、色んな考え方の転換が
非常にためになったと思います。

昔は人が殺されるような小説しか
読まなかったのですが
最近は結構、色んな本を読むようになりました。

またお気軽にコメントして下さい。
2008/03/30 (日) 01:17:55 | URL | 働きエビ #-[ 編集]
どうも初めまして
どうも初めまして。本の書評をふらふら検索していたところ
ここに辿り着きました。
amazonのレビューでも良いのですが、結構ヤラセも多いですからね。
個人のブログの方が結構、信用できたりします。

神田さんはストーリー仕立ての本を書かせると天下一品ですね~
マーケティングの本も結構、ストーリー仕立てになっていたりします。
正直、あんまり長い時間、集中して読書できないのですが
この本は3時間くらいで読破しました。
おそらく中身は神田さんの自叙伝?でしょうから
また5年くらいたったら、こんな感じで出して欲しいですね~


ではでは、また遊びにきますね~
2008/03/29 (土) 18:47:58 | URL | ゆきんこ #K5RfLVBw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

copyright © 2005 博士課程の学生が私企業に就職するまで all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。