広告
博士課程の学生が私企業に就職するまで 2009年04月
博士課程の学生が私企業に就職するまで
博士後期課程に在籍している私が、2008年4月から働けるように就活をしていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
警察の横暴とメディアとの癒着を許すな!
今日、朝から日本中を駆け巡った
SMAPの草剛氏の逮捕ですが
どーしても文句が言いたくて、記事を書きます。
特にマスコミのエェ加減さに腹立たしく思っています。

はじめに明確にしますが働きエビは草擁護派です。
そのようなスタンスで記事を書きますので
警察派、アンチジャニーズ派の方は
覚悟して記事を読んで下さい。

この事に関してご存知の方が大多数だとは思いますが
概要をリンクしておきます。
-------------------------------------------------
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090423-00000224-sph-ent
草なぎ容疑者の活動を自粛…ジャニーズ事務所がコメント発表
-------------------------------------------------
皆さんご存知のSMAPの草剛氏が
23日の午前3時頃、警視庁赤坂署管轄内において
全裸で奇声を発して逮捕された事件です。

決して草氏(あえて容疑者とは言いません!)が
間違った行いをしていないとは言いません。
いくら酔っぱらっても
公共の場所で全裸になってはダメだと思いますし
近隣住民から通報されるくらい奇声を発しては
いけないと思います。
しかし各マスコミの報道姿勢に非常に違和感を覚えます。

公然わいせつの疑いで、
港区赤坂にある草容疑者の自宅を家宅捜索した。
(中略)同署によると、草なぎ容疑者の尿を調べたが、
薬物反応は出なかった。(産經新聞記事より抜粋)

おそらく非常に酩酊して
叫んで(騒いで)いたのだと思います。
にしても、夜のニュースでも
全く警視庁の発表の通りに報道されていましたが

公然わいせつを立証するために
家宅捜索を行った。
(22時以降の各社ニュースより要約)


これってオカシくないでしょうか?

働きエビのようなシロウトでも
当初は薬物使用の疑惑を持ってしまうような
印象を受けるような報道でした。(泥酔して奇声、全裸など)

しかし「公然わいせつを立証するための家宅捜索」とは
いったい何なんでしょうか?
何が出てくれば
「公然わいせつを立証する」証拠になるのでしょうか?
女性ものの下着?
(窃盗はいけませんが
個人的に購入する事に関して
何ら咎められる事は無いと思います。)
あるいは
これまでの公然わいせつを記録した写真等でしょうか?
(もし、こんなモノが存在すれば充分な証拠にはなりますね)

むしろ警察の「麻薬及び向精神薬取締法」違反を視野に入れての
家宅捜索であったように感じてしまいます。
いわゆる別件での捜索です。
それに対して
マスコミが何ら疑問を提示しないまま
報道してしてる事に対して非常に疑問を感じます。

この警視庁の行為は
ともすれば職権乱用/人権侵害につながる行為です。
それに対して各マスコミは
疑問/クレームを言うならまだしも
全く疑問を呈さない、または
家宅捜索した事実すら報道していない局もありました。
しかも家宅捜索においての押収物は皆無です。
見きり捜査と避難されても仕方の無い行為ではないでしょうか?

どうも報道のされ方を見ていると
「薬物使用を伴った所為で彼は奇行に及んだ」
との前提があるようにおもえてなりません。

何度も言うようですが
草氏の行為は決して誇れる事ではありません。
しかし誰かを傷付けた訳でもなく
飲酒運転をした訳でもなく
午前3時に奇声を発した事は
周辺住民の方々に対しては非常に迷惑な行為ではありますが
「公然わいせつ」罪で逮捕されるような事なのでしょうか?
過度の酩酊状態による保護ならまだしも
公然わいせつ罪による逮捕は
警察権力の行き過ぎのように感じてなりません。

しかもその事に対して
マスコミが全く警察を非難しない事に対して
非常に違和感を感じます。
今回の行為は、SMAPの草剛の影響力を考えると
許されざる行為ですが
警察権力を行使してまでの家宅捜索や
逮捕については行き過ぎではないでしょうか?
マスコミはこのような行為について批判こそすれ
何の感想もなく垂れ流しているだけだと
その存在意義を疑問視されるのではないでしょうか。
ドコの局とは言いませんが
非常に警視庁の発表に偏った報道がなされていました。
今後、万が一、草氏が引退するような事があれば
...それについて陰謀とは言いませんが
公平でない報道と言わざるを得ないのではないでしょうか?

※働きエビは泥酔とまでは言いませんが
酔っぱらってこの記事を書いています。
全裸ではありませんが
自分の書いた内容が
決して間違っているとは思っていません!!


スポンサーサイト

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

坂道を急速に転がり始めた?
相変わらずサボリ気味です。
季節の変わり目だからでしょうか。。。
常に眠くて、電車の中では爆睡です。

今日、今後の会社の経営方針に関する
お話が社長からありました。
実は働きエビが働いている会社は
この4月から社長が替わりました。
4月に入ってから二度目の社長のお話です。

1度目のお話を要約すると
会社の経営状況の悪化しており
合併、経営統合も視野に入れた
他社とのコラボレーションを目指すとの話でした。

提携先についてですが
社員の間では
製薬企業かあるいは診断薬企業など
現在の仕事に関連のある
より大きな会社に吸収合併/経営統合されるのでは

との意見が大勢を占めていました。

で、今日の社長の話では
....全くの異業種!
製薬でも診断薬でもない
現在の業務とは全く関係のない会社との提携でした。
しかも提携の内容は...未発表で
これから模索していくというような主旨の発現でした。
ワザワザ全国の支社から時間とお金を使って
全社員を集めてするような内容ですらなかったです。
具体的な話は何もありませんでしたから...
しかも社長は
重要な決定なので、何でも聞いて下さい...
...何もないですか?
こーゆー(質問をしない)ところが
今後、日本人は変えていかなければならない所ですね

と、ちょっと皮肉を言っていましたが
......全く身のない話なのに
質問なんて出来ないですよ。
で、具体的には何をするの?」とか
こんなに集めた意味あるの?」のような
全否定系の質問しか思いつきませんでした(爆)

もう同業他社は
ウチに価値があると思っていないのか

と痛感するとともに
この業務提携によって
現在の社員の離職が進みそうな気がします。
さらに働きエビも転職活動に
本腰を入れていかないと
どーしよーも無くなりそうな気がしてきました。

テーマ:就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報 - ジャンル:就職・お仕事

サボタージュ
ストリームの記事を書いてから
燃え尽き症候群?春眠暁を覚えず?で
少しブログの更新を怠っていました。
ブログを見て頂いていた方々、申し訳ありません。

さてすでに4月に入っていますが
皆さんの周りではお変わりありませんか?
通勤時間が長い働きエビの変化は

1.TBSラジオ ストリームのpodcastの
 過去の配信分でダウンロード出来た分を聞いた。
2.日経新聞のpodcastが配信中止ー有料化したので
 購読するか、ちょっと迷い中。
3.電車で明らかなフレッシュマン(特に大学生)が増えて
 電車が混んでいるので辟易。
4.研究開発部内の転属で新たな事をする事になった。
 (実はあまり興味が無い)
5.転職活動、学位論文ともに少し停滞中。
6.多分、骨折した鎖骨がほぼくっついて
 腕が結構、動くようになってきた(笑)

最近、とあるラジオ番組の影響で(笑)
既存のメディアなどの報道に
あまり満足出来なくなりつつあります。
何か特別な出来事があった場合は
一般紙を3?4誌(朝○、産○、読○は必ず)を買って
読み比べをしています。
同じ事実でも
異なる新聞社が書けば
見方も異なる、非常に面白いです。

今更ではありますが
世の中に報道されている出来事と言うのは
何重ものフィルターをかけられた後
世の中に出てきます。
取材をした記者、編集者、
さらに場合によっては
情報を取り扱う会社の方針などで
書き換えられるとまでは言いませんが
何らかの歪曲がある場合も多いと思います。

今に始まった事ではないですが
週刊誌が売れないとか
新聞の発行部数が低下しているとか
出版業界には非常に厳しい状況が言われています。
(新聞に至っては発行部数の水増し疑惑まで出ています。)
(ちなみに発行部数世界一は日本のとある新聞ですが
....発行しているだけで実売は半分程度??らしい)
厳しい事を言うようですが
興味深い情報が少なくなってきているからでしょう。

また週刊誌の印象は、あくまでヌードグラビアですし。
きっと有用な情報をあるのでしょうが
グラビアのせいで
あまり買おうと言う気にはなれません。
週刊誌も一度、ヌードグラビアから
足を洗えばどーでしょうか。
女性の読者が増えて
発行部数も増えるような気もします。

新聞においても、長期取材など
それでしか読めない記事がどんどん少なくなっています。
それでは速報性の高いTVやインターネットに負けるのも
仕方が無いと言うモノです。

特に新聞記事が酷くなったなぁと思うのは
...新聞において政変などが起きると
各紙、特集を組みます。
例を挙げると
とある首相が辞任する決断を分析する記事や
辞任に至る過程を書いた記事、検証記事などですが
妙に風景描写が出てくる事が多くなってきています。
「xx(首相)は窓の外を見た。
雨が津々と降っていた。」
って、それは新聞記事ではないです。
しかも「記者は隣で見てたんかい!!」って
ツッコミを入れたくなります。
って思うのは働きエビだけでしょうか?

ただTVは報道はともかく、他は本当に酷いですね。
もうそろそろTV局自体も
潰れる所が出てきてもおかしくないように思います。

ココ数年、働きエビ自身の中でも
メディアリテラシーというか
報道されているからと言って
すべてが真実ではない
TVで報道されていても間違いもある
という事を強く認識するようになってきました。

前にも書いたかもしれませんが
もっと「国益」というモノを考えたいと思います。
それは右翼でも左翼でもなく
ただ純粋に
今後の日本国の事を考えていきたいと思います。

今日は酷いくらいの駄文で
論理としてきちんと構築出来ていない部分も多いですが
働きエビの防備録としての側面もありますので
お許しください。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

もう1度...ありがとう、TBSラジオ『ストリーム』
昨日も書いたけど
今日もストリームについて書かせて下さい。
と言うのも...昨日は余りにも眠い中、書いたので
言いたい事の1割も書けてない気がしたから。
.....今の情熱を文字にして残しておきたいから。

ストリームをご存じない方に軽く説明すると
TBSラジオで平日の午後に放送していたラジオ番組です。
基本的には東京周辺でしか聞けなかったけど
特定のコーナーがpodcastで配信されていました。
コラムの花道、タチヨミストのシンゴさんのコーナー
ニュースさかさ眼鏡、ブックレビュー、映画レビュー...
最後の頃はオープニングトークなども配信されていました。

このストリームには本当に勉強をさせてもらいました。
細かい事を書くとキリが無いのですが
何よりも「真実を見定める目」と言うものを
養ってもらえたと思っています。
マスコミ(記者クラブ所属の大マスコミ)からの
報道では分からない事
情報を紹介するのではなくて
情報あるいはその見方を解説する
、そんな番組でした。

社会的な分野では
司会の小西克哉氏の柔軟な発想
(物忘れが多い?酷い?のが、タマにキズ)
町山智浩氏のアメリカの真実
(エロい話が満載)
勝谷誠彦氏の口癖「利権談合共産主義」
(ふざけんな、バカヤロー)
TBSの社員でありながら
社員がココまで言ってもいいのかと
何度もドキドキした
ひと味違う切り口で色んなモノを見せてくれた
ハスキーボイスの武田一顕氏

喋る墓荒らし吉田豪氏
スポーツ分野では
その広い視野と豊富な知識の生島淳氏
(心地いい声)
いつもクールな辛酸なめこ女史
笑える大人もの検定の石原壮一郎氏
マニアの神髄みうらじゅん氏
来る裁判員時代の予習?
実際の裁判の話を面白可笑しく話す阿蘇山大噴火氏
また不定期ゲストではジャーナリストの上杉隆氏
マニアと呼ぶには畏れ多い、居酒屋通の太田和彦氏
テレビ番組監視人、丸山タケシ氏

(転職活動中らしい...笑)
トヨザキ社長こと豊崎由美女史
ライターの永江朗氏

軽快にみんなをまとめる松本ともこ女史

みんな大好きでした。

「レーティングでそれ相応の成績を
修める事が出来なかった」事が
小西氏が最後に語った番組終了の理由です。
そりゃ私企業ですから
事業で収益を上げなければならないのは分かります。
しかしこの番組は収益以上のモノを
上げたのではないでしょうか?
podcastで配信する事で
レーティングの成績が下がった事も事実でしょう。
しかしそれ以上に
世界中の多くの人が聞いていたと思います。
まさに世界に向けた情報番組だったと思います。
しかしこれまでの測定方法では
その聴取率の高さは測る事が出来ない。
TBSラジオの損失の大きさは
計り知れない。


これは働きエビが個人的に感じている事で
決して真実ではないかもしれないけど
『TBSってテレビはパッとしないけど
ラジオは頑張ってるなぁ?』と思いました。
「報道のTBS」と言いながら
...その場にあぐらをかいている
単なる時代遅れのメディア会社という印象もありましたが
少なくともpodcastで配信されていた
TBSラジオ ストリームは全く違うものでした。
少なくとも
これまでTBSラジオという存在自体知らなかった
働きエビという人物に存在を知らしめた事はもちろん
情報の質、量、真面目/不真面目のバランスなど
絶妙だったと思います。

しかも出演者にも
非常に愛されていたのだなぁと思いました。
最終出演だからといって
いつもと違う事はほとんどしない。
前向きなのがストリームだから」と
いつもの情報をきちんと提供する。
最終回の配信では
普段は別の曜日のゲストが登場し
また出演者の家族からのメールが紹介され
涙が流れるシーンが数回...
〆の松本ともこ女史の
小西克哉氏に対する手紙ではまさに号泣。。。

ちなみに金曜日の配信を
月曜日の朝の電車で聞く事にしている
働きエビもつられて涙。。。
生島???松本????泣くな???!

悔しいぞ、悔しい!
ストリームが終わるのはも悔しい!!
なんで終わるねん!!!
本当に「良いモノ」って何だよ!
お金稼げないとダメなのかよ!
本当に価値のあるモノって
お金だけじゃないんちゃうんかい!!!

いつか、.....いつか...
何が出来るのか分からんけど
「あの時にストリームを聞いていたから
今の働きエビがあります!」
って伝えたい!
陳腐な言葉かも知れないけど
忘れられない、重要な番組だったと思います。


普通に嗚咽が漏れそうな程の泣き具合でした。
同じ電車に乗っていた隣&前の人
大の大人が朝から...何の前触れも脈絡も無く
泣いてゴメンナサイ(爆)

色んな側面において
働きエビの人格の再構築において
重要な働きをしたと思います。
情報を発信する大切さ
ともすれば極論に走りがちな思考を制御する方法
出演者の共通項は、分野や程度に差はあれど
やはり愛国と憂国だと思っています。

出演者、スタッフの皆さん、
これまでどうもありがとうございました。

...記事書きながら、涙が出てしまった...

P.S.もうストリームのHPは削除されてしまった。。。
[もう1度...ありがとう、TBSラジオ『ストリーム』]の続きを読む

テーマ:ネットラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ


copyright © 2005 博士課程の学生が私企業に就職するまで all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。