広告
博士課程の学生が私企業に就職するまで 2008年12月
博士課程の学生が私企業に就職するまで
博士後期課程に在籍している私が、2008年4月から働けるように就活をしていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
就職活動/転職活動のコツ...その2<補足>
いろんな部分で出費を抑えるべく
以下にポイントになる部分を書いておきます。

交通費を抑えるコツ
1. 格安チケットショップの利用
ターミナル駅の周辺では「格安チケットショップ」と言われる
切符等を売っているお店がたくさんあります。
東京の方は分かりませんが
大阪なら難波の南海通周辺や、梅田の大阪駅ビルの地下に
たくさんの格安チケットショップがあります。
平日の昼間などは結構、相談にも乗ってくれるようなので
予め下調べをしておくのが得策です。
また最近はネットでの格安チケット販売をしているお店もあります。
必要に応じて利用してください。

2.飛行機や新幹線よりもバスで移動
どーしても日程や距離的な問題で
新幹線や飛行機を使わなければならない場合もありますが
時間的に余裕がある場合は、バスがオススメです。
バスと言えば、深夜バスと思いがちですが
昼間も運行しています。
コレを使えば、かなりの節約になります。
また交通費支給の場合も
費用を浮かせて...って大きな声じゃ言えませんが...
基本的に領収書が発行されない場合も多いので

そのような手法もあります。



その他にも航空券の格安チケットなどもあるので
求職活動時だけではなく、平時も使ってみると
結構、節約になります。



他にも直前に予約する事で
最大99%宿泊費が安くなるトクー!トラベルもあるので
どーしても宿泊しなければならない時など
利用してみて下さい。

余談.収入?

せっかく紹介したので働きエビが利用している
アフィリエイトのサイトを紹介しておきます。

A8ネット


色んな種類の広告があります。
このサイトの就活関連の広告のほとんどが
A8ネットに登録して貼付けています。
1000円を超えると振込されます。
ちなみに1年利用して働きエビは600円くらいです(汗)
当然ですが、個人差があります。

LinkShare
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
こちらもアフィリエイトサービス会社です。
コチラは1円から振込されるので
より簡単に収入が得られるかもしれません。

スポンサーサイト

テーマ:就職活動応援 - ジャンル:就職・お仕事

就職活動/転職活動のコツ...その2
経済的に厳しい事を知っておく

離職後に就職活動をされる場合
失業保険は別ですが、収入がない場合もあると思います。
収入がまったく無くなった時の
電車賃や昼食代の数百?数千円が妙に惜しくなります。
また電車賃などの交通費は
どのような場合の就職活動/転職活動に関わらず必須ですが
これも結構な金額になる場合があります。

収入が無い場合、当然の事ですが
銀行口座からはお金は少なくなる一方です。
数百万以上、口座にお金のある方は別かもしれませんが
このペースでお金を使うと
あとxxヶ月経ったら貯金を使い果たしてしまう

とか
「このままやと就職先が決まる前に
銀行口座からお金がなくなって、生活が出来なくなる

など、ネガティブな考えにとらわれがちです。

確かにお金は出て行く方が多くなりますし
先の事に対して不安になってしまいます。
働きエビの場合も
就活のための記録としてこのブログを立ち上げていますが
何にも収入の見込みが無いので
就職に関連の有るアフィリエイト広告を貼付けたり
グーグルAdSenseを利用して
少しでも収入を得ようとジタバタしました。
実際のところは、数百円程度の収入しかありません。
アフィリエイトやAdSenseで高額収入を得られる!
と謳った本を何冊か読んでみましたが
ハッキリ言って大した事は書いていません。
書いてある内容としては
1つの事(内容)に絞ったブログでは高額収入が見込める
ような事が書いてありますが.......
ブログのアフィリエイトできちんとした収入が得られるのであれば
わざわざ仕事を探したりしないで
ブロガーとして生きていけます(笑)
アフィリエイトなどはあくまで
お小遣い程度の
得られたらラッキーな副収入

くらいを考えておくのが良いでしょう。
ただし働きエビの考えとしては
道端で10円拾う収入の方が
結果的にはよっぽど高いと思います(爆)


そんな事をして気が落ち着くのであれば良いですが
そんな事よりも求職活動に精を出した方が
よっぽどいい結果を早く得る事が出来ます。

求職活動に関して言うと
やはり交通費が小額ですが頻繁に出ていく出費の1つです。

特に転職活動に際しては
人材紹介会社を利用するのが多いと思います。
利用料は発生しませんが、求人案件を紹介される前に
少なくとも1回、面接を行います。
この場合は当然、交通費は出ません。
個別面接の場合
電車賃を出してもらえる場合もありますが
出してもらえない場合もあります。
さらに就職/転職フェアなどは
交通費は出ないものと考えておいて下さい。

また出先での昼食代なども妙に気になる出費です。

転職活動中という事で
友人が飲みに誘ってくれて、励ましてくれたりもします。

このような時には、出費の事は気にせずに飲みに行くのがいいと思います。
悶々としていても就職先が決まる訳でもないですし
せっかく友人が誘ってくれているので行くのが得策です。
働きエビ自身、お酒の席での出会いで
何度も面接に行かせてもらったり
色んな話を聞かせてもらったりと
出したお金以上のものを返してもらっています。

ただし、やはり2次会は断った方がいいですね。
酔っぱらうと
せっかく節約していたお金をパァ?っと使ってしまいがちなので。

備えあれば憂い無し
ある程度の出費覚悟で転職活動を行って下さい。

テーマ:就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報 - ジャンル:就職・お仕事

あいりん地区に行ってきました
昨日、釜ヶ崎(あいりん地区)に行ってきました。

釜ヶ崎をご存じない方のために簡単に説明すると
南海高野線萩之茶屋駅からJR環状線新今宮駅周辺の地域で
元々は日雇い労働者の町だったのが
時代の移り変わりとともに
現在は路上生活者(ホームレス)が非常に多い地域です。
余談ですが
仕事を無くしてホームレスになりそうな人に電車賃を渡して
釜ヶ崎ならなんとか食べていける」と言って
釜ヶ崎へ移る事を奨励?している近隣の自治体もあるそうです。
あくまで噂ですが。。。

閑話休題....で、何をしに行ったかというと
近所の数十家族から集めた
自宅で使用していない布団や衣服をまとめて
NPO団体釜ヶ崎支援機構に持っていってきました。
3列シートのミニバンにいっぱいでした。

実は昨年の今頃にも
同様のNPO団体に衣服や布団を寄付しました。
で、その時にも周辺を散策(?)しましたが
...言葉は悪いですが
現代の日本とは思えないような、佇まいです。
それが極めて限られた地域で
東西に約400m、南北に約1kmに
路上生活者が数千人以上、季節によっては
一万人に増えるとも言われています。

で、近年、若年のホームレスが多くなってきたらしいです。
報道等であるような、派遣労働の若者が
契約を切られ、寮から出され
結局、釜ヶ崎などに流れてくるみたいです。

昨日、働きエビが見た限りでは
それほど若者の姿を見る事は無かったのですが
釜ヶ崎の路上生活者の数は決して減ってはいません。
彼らを見ていて

決して他人事ではない
私も一歩間違えば
路上生活者になってしまう


と痛切に感じました。

テーマ:ホームレス(野宿者)問題 - ジャンル:福祉・ボランティア

...何考えてるの?
今日、関西では
某ハンバーガーチェーン(Mのマークでお馴染みの)の
「クォーターパウンダー」という商品が
特定の店舗限定で発売されました

ってニュースでやってました。
食育だとか食料自給率40%以下とか偉そうに報道してるくせに
なんで1私企業の
しかも自給率を下げる大きな原因の1つになっている
会社の新商品の発売がトップニュースなんですか......

別にその会社が悪い訳ではないし
私企業ですから利潤を追求していくのは当然です。
また行列を作っているお客さんも
まぁ.....食べたいなら食べたらいいと思います。
(報道によると、開店前に約3千人ほど
行列を作っていたそうです。
昨日の23時ごろから列んでいる...人もいたようです。)
ちなみに働きエビは
ココ数年、食事をする時間がなくてしょーがない場合しか
食べた記憶がありません。年1回以下ですかね。

食料自給率、健康への配慮などを考えると
報道する事でさえ憚られるように思います。
それが、なおかつ
わざわざ関西のニュースのトップでやるような
話題ではないように思います。
テレビ報道の影響力とか考えて欲しいと思いました。

テーマ:新商品 - ジャンル:ニュース

就職活動/転職活動のコツ...その1
色んな業種の会社/職種に応募する

先日から宣言していた「就活/転職のコツ」の話です。
まずは応募先企業についてです。
これは基本中の基本なので、説明する事も無いと思います。
しかし就活/転職初心者の方々への話として
丁寧に書いていきたいと思います。

希望の業種/職種じゃないから応募しないのは
本当にもったいない話です。
働きエビも含めてですが
会社の中で求められている経験/資質というのは
外の人間にはなかなか分かり難いものです。
また人柄を見ても採用というのも少なくないようです。

...というのは、最も普通の回答です。

働きエビが色んな企業に応募して良かったと思った点を
以下に列挙します。

1. 度胸がついた

まさに文字通りです。
色んな企業に応募する事で色んな可能性が広がります。
ってか、応募しないと始まりません。
色んな企業に応募する事で2や3へとつながってきます。

2. 書類を書く機会が多くなり
  よりよい職務経歴書になっていった。

書類は1回では完璧にはなりません。
書き直す事で、より良いものになります。
一回、自分の中で「完璧!」と思っても
業種の異なる企業に応募する際に
「この企業にこんな風に書いても分かりづらい。
もっと詳しく書く必要があるな」と思うようになります。
それを何度も繰り返す事でよりよい職務経歴書になっていきます。
全てのバージョンを保存しておくと、よく分かると思います。

3. 求職者について求められている事が徐々に明確になった

面接官と話していくと
その企業が求める人物像、スキルなどが分かってきます。
それを2に反映させ、さらに魅力的な書類を作る事、
これが3の目的の大きな部分でもあります。
また書類だけでなく、自分のプレゼンの仕方を
まさに「本番」で学ぶ事が出来ます。

4. 自分が本当にしたい事が分かった。

働きエビは何種類もの職業に応募しました。
研究開発、学術営業、臨床開発などです。
契約内容も正社員、契約社員、派遣社員など。
その中で幾つかは最終面接まで進む事が出来ました。
面接が進んでいく時は良いのですが
最終面接まで進むと
本当にこの会社/職種でいいのだろうか?」と
疑問になっていきました。
働きエビは、できるだけ早く働きたい気持ちはあったけど
幸運にも「働かなければならない」訳ではありませんでした。
自分がココロに疑問を持ちながらでも働く事が出来るのか
本当にしたい仕事ではなくても
その中で興味を見いだす事が出来るのかetc.など
働きエビは
その立場にならないと真剣に考える事が出来ませんでした。
幾つかの会社には
最終面接後にお断りさせて頂いた事もあります。
また1度の面接でその事に気付く事もあります。

何よりも応募する事で色んなスタートになるので
上記の4つの事に気をつけて
まずは応募するところから始めましょう。

テーマ:就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報 - ジャンル:就職・お仕事

派遣社員の今後
今、「たかじんのそこまで言って委員会」を
見ながら記事を書いています。
最近、やはり派遣切りの話が多くなっています。
コレから年末に向けて
数千人、場合によっては1万人以上の派遣社員の方達が
職を失う可能性が出てきました。
連日、寮を追い出される方や
急な契約解除によって今後の生活不安などが
頻繁に報道されています。
また先日、政府は
派遣社員を正社員に新たに
登用すると100万円の支給など
正社員化の補助をする
」とのコメントを出しました。
これって...意味があるのでしょうか?

派遣会社と派遣先には幾つもの条件があります。
契約に関する詳細は各会社によって違うと思いますが
派遣社員を派遣先の会社が直接雇用しようとする際には
派遣元(=派遣会社)にxxx万円払う。

との条項があります。
xxx円ですがたいていの場合
300万円以上で1000万円になる場合もあるようです。
これだけの経済的負担というのは
よほど厳しいと思います。
結局、100万円があっても
よほど魅力的な人材でないと直接雇用は難しいと思います。
そんな人材は...すでにどこかできちんと雇われています。

ちなみに、これは実際に働きエビが体験した話です。
今年の春頃、契約社員候補としてとして
とある大会社に面接に行った時の話です。
話の前段階として
その会社では年俸制で約325万円
毎年の契約更新で最大5年まで更新可能でした。
そこで現場責任者の方が以下のように仰られました。
「正直に言うと、うちの契約社員では
働きエビさんの経歴から言うと、もったいないですよ。
ご存知かどうか分かりませんが
派遣社員ではなくて、派遣会社の正社員になって
派遣されるという形態(=特定派遣)があります。
私達(=派遣先)は
一人雇うのに
800?1000万円以上払っています

そちらの方がお給料もいいですし
昇給の可能性もあるので、そちらの方がいいと思います。


当時、特定派遣会社から提示された給与は
年俸でいうと300万円弱でした。
それだけ間に入っている派遣会社が
経費(=ピンハネ)として取っています。

人材派遣は、やはり特殊技能(=通訳、医者など)のみに
限定すべきで
製造業での派遣は即刻廃止は無理にしても
段階的に縮小させていかないと
この国が崩壊していくような気がしています。
昨今の報道と、記録の大切さ
ご無沙汰しています(最近、この書出しが多いな...)。
世間は既に12月、ここ数日は急に寒くなりましたが
風邪などひかれていませんか?

さて、急激な景気後退で
年末に派遣社員の大量解雇の話が出ています。
働きエビも少なからず派遣社員、
あるいは特定派遣社員として働こうと考えた事もあるので
決して他人事ではありません。
しかも働きエビが所属している会社の業績も良くないので
倒産/解散する可能性もあります。
なかなか難しいなと思っていますが。

何よりも自○党政権にはもうウンザリです。
昔は戦後復興という面で
尽力してきた政治家もいると思いますが...
今の政治家は将来に対する
ビジョンというのは持っているのでしょうか?
あとは自分の成果だけをアピールして...
結局は我々を食い物にしている政治家が多いように
思えてなりません。
今日の「たか○んのそこまで×って委員会」に出ていた議員も
...調べればすぐに分かる事なので、あえて名前も出しませんが
「消えた年金問題」の際にも叩かれていたように
あんまり尊敬出来ないですね。
数年という短いスパンの将来も大事ですが
せめて今の未修学児が大人になる頃の
国のあり方であるとか国家としての戦略を
きちんと示せるような政治家はいないのでしょうか?

と、いつもと少し違った事を書いてみましたが
記録をする事を重要性を改めて思いました。
今日、NHKで「最後の戦犯」というドラマが放送されてました。
原作はコチラ
この主人公の男性は
およそ3年半もの間、占領軍から逃げていたのですが
その間の記録を事細かに記していました。
当時、従事していた瀬戸物工場での仕事や自分の考えなど。
特に自分の感じた事や考えについて
記録を残す事は非常に重要だと思います。
実験科学に従事している人
「実験ノート」というものを必ずつけます。
あとで見た時の記録であると同時に
他の人が同じ実験をするためでもあります。
事実も重要ですが
それよりも思っている事は
他人に話さない限り、誰も知り得ないし
時が経つにつれて、考えが変わる事もあります。
その事を記録しておいて
「あぁ、あの頃はこんな風に思っていたのか」と
あとになって非常に興味深く思う事があります。

そのためにも毎日とはいかないまでも
出来るだけ考えている事を記録するとともに
...就活のまとめ、アップするようにします。
スミマセン(><)



copyright © 2005 博士課程の学生が私企業に就職するまで all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。