広告
博士課程の学生が私企業に就職するまで 2008年03月
博士課程の学生が私企業に就職するまで
博士後期課程に在籍している私が、2008年4月から働けるように就活をしていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「仲良く出来ますか?」って。。。
最近、立て続けに特定派遣会社に面接に行きましたが
その中でいつも言われる事があります。
1つは
「もし教えてくれるのが
バイオ系の専門学校を出た、自分よりも若い人でも
素直に教えてもらえますか?」
です。
もう1つは。。。これは働きエビにとっては
愚問過ぎて、怒りを通り越して呆れてしまいますが
「他の人と仲良く出来ますか?」
聞かれました。

まず最初の質問に対してですが
自分が知らない事を教えてもらうのに
相手の経歴、年齢、性別など関係あるのでしょうか?
また2つめの質問に対しては
。。。呆れてキョトンとしてしまいました。
幼稚園とか小学生低学年に言うのならまだしも
30歳のオッサンに「仲良く出来ますか?」って。。。
「そんな質問をする人以外となら仲良く出来ます」って
言いたかったなって今は思います(笑)。

おそらく特定派遣会社でこれまで雇った
博士課程にまで進学した人の中で
異常にプライドが高い人や
実験に対してはすごい知識を持ってるけど
他人と上手くコミュニケーションが取れない人等に
遭遇した経験があるからだと思いますが。。。

私の経験では、修士くらいの学生と比較して
博士課程あるいは博士の方が
非常に注意深く、また謙虚に聞きます。
というのも
自分が実際に実験を行う際の事を想像したり
何らかのトラブルを想像して、その際の対処法等まで
聞いておかないと、後に困るのは自分だからです。
基本的には修士/博士関係なく
人として当たり前の事だと思うのですが。。。

って、時々、勘違いしてる人もいますけどね(^^;)

特定派遣会社がこのように質問していくる事に対して
多少、腹の立つ事もありますが
それ以上に腹の立つ事があります。
それはこれまでに行った全ての派遣会社に共通した事で
個人情報の取り扱いが
非常にルーズ
という事です。

人材紹介会社の場合
エージェントに相談をするブースは完全な個室です。
また約束の時間よりも紹介会社に早く着いた場合
空いているブースに通されるか
個別の待合室に通された場合もありました。
ブース内は外から見える事は見えますが
ちょうど顔の周辺は磨りガラスになっていたり
あるいは金属や木を用いる事で
上手い具合に外から見えないようになっています。
また「他のエージェントが取り扱っている個人情報は
簡単に閲覧出来ない」

懇意にしているエージェントに聞いた事があります
会社によっては
「もし社内で知り合いに会っても、声はかけないで下さい」
とまで言われました。

それに対して人材派遣会社では
ブースとは名ばかりで
単にパーティションで仕切っただけのスペースで
面接をしました。
社内のTELの声、雑談はもちろんですが
隣のブースの人の話も全て聞こえています。
社内での雑談、隣のブースの求職者の個人情報
。。。どんな学歴で、どこに住んでて
どのような職を望んでいて、希望勤務地はどこかまで
全て聞こえていました。
また待合室も、会社の入り口付近の3m四方くらいで
お互いをきちんと認識するには十分過ぎるくらいです。
ちょっとこれは考えものだと思います。

ちなみに「仲良く出来ますか?」って質問してきた
特定派遣会社では2回、面接に行きましたが
2回とも約束の時間から15?20分待たされてます。
人と仲良くするのも非常に大事な事ですが
約束の時間を守る事も非常に大事だと思いませんか?
約束を守るって信用問題に関わる事だと思うので。。。
。。。実際、働きエビの中で
その会社をあまり信用出来ていません。
スポンサーサイト
帰りの駅弁は。。。
ちなみに帰りの駅弁はコチラ!!
駅弁帰り1

行きは二日酔いだったのと、これから面接という事で
我慢しましたが、帰りはきちんとビールをつけました(笑)
ちなみにビールは写真に写っているモノと
新しく出たリキュール類に分類されるビール飲料500mlの
計850mlをしっかり飲みました。
お弁当の値段はあまり覚えていませんが
900円しなかったと思います。。。880円とかかな?

開けるとこのようになっていました。
駅弁帰り2

小エビの入ったかき揚げが画像の上側にあって
桜えびが真ん中付近に、じゃこが画像下部にあります。
ご飯には天つゆというか、じゃこを煮た出汁というか
。。。少し醤油系のつゆがかかっていました。
また付け合わせに
クルミを甘辛く炊いたモノが付いていました。
何という名前の料理なのかよく知らないのですが
働きエビは「クルミを甘辛く炊いたモノ」が大好きです。
ちなみに自分でも作りますが、名前は知りません(笑)
はじめはかき揚げや桜えびだけでビールを飲んでいましたが
途中からお腹が空いてきて
ご飯を食べながらビールを飲んでました♪
こちらも美味しく頂けました。

本当は練り物系(かまぼことかてんぷら系)を
つまみにしようと思っていたのですが
独りで飲むにしては、量が多かったので
このようなチョイスになりました。

で、ビールを飲み終わろうかという
駅で言うと掛川あたりでしょうか、完全に爆睡してました。
飲み過ぎ、寝不足、アルコールが残り、面接×2の
プレッシャーから解放されて
手がヨダレまみれになるくらい、マジ落ちでした(汗)。

ちなみに小田原の駅で、近所の人に偶然、お会いしました。
世間って広いようで全く狭いです。
ちなみに。。。
行きの新幹線で食べた駅弁はコチラ!!
駅弁1行き

お弁当の左上にも書いてありますが
浜松駅で買った、ひつまぶしです。
値段はおそらく1,200円(税込)だったと思います。
ちなみに上の画像の左に移っている緑茶も付いています。

中身はこのようになっていました。
駅弁2行き

今度は真上から撮っています。
錦糸卵の上にウナギが乗っていて
さらにその上に刻み海苔がかかっています。
付け合わせ(香の物?)はお弁当の下側で
右から紅ショウガ、キモ焼き(キモ煮に近い)
わさび風味のお漬け物でした。
さらに少し分かりづらいですが
ウナギのたれ、粉山椒、粉末昆布茶、わさびが
付いていました。
食べ方としては、まずはそのまま
あるいはウナギのたれや山椒をかけて頂きます。
次に粉末昆布茶とわさびをかけて
さらに上から上側の画像の緑茶をかけて
お茶漬け風にして頂きます。
まさにひつまぶし体験!!(?)。。。笑
見た目よりもアッサリしていました。

二日酔い気味の働きエビの胃にも
優しく入って行きました(^o^)

あと新幹線への要望なんですが
お弁当を温めるための電子レンジと
缶の飲み物を温められるような装置が備え付けてあれば
駅弁ももっと美味しく食べられると思います。
というのも、お茶漬け風にして食べた時
おそらく買った時は
それなりに熱かったであろう缶の緑茶ですが
それをいざお弁当にかける頃には
すっかり冷えてしまっていて、微妙でした。
衛生面や安全面、モラルの問題など
色々とクリアしなければならない問題があると思いますが
あったらより美味しく駅弁が食べられる気がします。
現在、駅弁などはあまり売れていないと聞きますが
そのような温める装置があれば
駅弁もより美味しく食べる事が出来て
また駅弁の売り上げも上がってくるのではないでしょうか?
遅くなりましたが、帰りの新幹線です
遅くなって申し訳ありません。
帰りの新幹線内で書いた記事です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今は18:39、帰りの新幹線です。
神奈川県での面接が終わって、帰りの新幹線です。
色々とありましたが、とりあえずは面接の印象から。。。
面接の印象としては、かなりいい感じでした。
って働きエビが感じても実際はどーか分かりません。
でも、まぁまぁ良かったなぁって思えるような
印象を受けました。

面接ではないのですが、興味深い事がありました。
派遣社員についてです。
今日、働きエビが面接に行った会社でも
派遣社員の方が何人もいらっしゃるそうです。
その派遣社員を雇うのに
受け入れ先の企業がどのくらい
派遣会社に払っているかというのを聞きました。
。。。年間一千万に近いお金を払っておられるそうです。
その方が仰るには、正社員を雇うよりも
会社にとっては派遣社員を使う方が
単年で見ると負担になるそうです。
ちなみに会社にも寄りますが
実際に仕事をする側に落ちてくるお金は
時給1400円?で300万円前後です。
これは特定派遣の場合なんですが
家賃補助であるとか、引っ越し補助などがありますが
それでも400万円に届くかどうかって
ところじゃないのでしょうか。
また難しい技術を派遣社員に教えても
雇用契約上の問題で3年間働いてもらうと
正社員として雇用するしなさい
のような法律があるそうです。
一般的には
派遣社員は同じ会社に3年くらいなのだそうです。
しかしせっかく教えたスキルなど
企業としてはもったいないと感じるんだそうです。

色々と企業側からの意見を聞く事が出来ました。
in新幹線1
昨日、新幹線の中で記事を書いていたので
遅くなりましたがアップします。

-------------------------------------------------
新幹線の中でこの記事を書いています。
と言っても、アップするのはおそらく帰宅してからのなので
あと幾つか記事を書いておきましょう。
今日はたくさん、アップする事になりそうです(^^)
久しぶりに新幹線の自由席に乗りました。
働きエビの移動は基本的には新幹線ですが
チケットショップで新幹線チケットを買うと
ビジネス切符なので、指定席がほとんどです。
9割以上が東京まで行きますが。。。
それが今回は小田原なので
チケットショップでは自由席のチケットしか
売っていませんでした。

久しぶりですが、外国人の方が結構、多いのですね?。
それも白人が目につきます。全体の2割くらいでしょうか。
それも英語じゃない言葉を話していらっしゃいます。
ちなみに働きエビは英語をそこそこ話しますが
他の言語は、スペイン/ポルトガル語と
フランス語、イタリア語、ドイツ語は区別がつく程度で
話している内容は全く分かりません。
いわんや、東欧系の言語になると
もうチンプンカンプンです。

さらに、きっとアジア系の方もいらっしゃると思うので
実際は外国人比率がもっと高いのでしょうね。
奈良/京都以外も日本を観光されてるという事なので
嬉しいですね♪
時々。。。某アジア系民族のマナーの悪さには
辟易する事もありますが(^^;)

さて、とりあえず1つ目の面接が終了しました。
ココだけの話
(って、こんなところに書いたら
ドコだけやねんって話ですが)
朝から軽い二日酔いでした(爆)
以前の面接も
軽い二日酔いの時が調子良く、結果も良かったりするので
あまり深く考えないようにしています(笑)
って言いながら、アルコールを抜くための努力をしました。
。。。あれ?って
思われた方もいらっしゃるかもしれませんが
働きエビの最近の二日酔いは、頭痛とか吐き気とかでは
基本的にはありません。

少しアルコールと二日酔いの話題を。。。
アルコールを飲んだ(摂取)時に
身体の中で最終的に酢酸にして尿として排出するのですが
その過程でアセトアルデヒドが一時的に生成されます。
それが二日酔いの元で
頭痛がしたり吐き気がしたりします。
化学式で書くと
CH3CH2OH(アルコール)から
CH3CHO(アセトアルデヒド)が出来て
CH3COOH(酢酸)になります。
このように二段階の反応で
アルコールは分解されるのですが
この反応を助ける(触媒する)酵素が身体の中にあります。
最初の反応を助けるのが、アルコール脱水素酵素
次の反応を助けるのが、アルデヒド脱水素酵素です。
この2つの酵素を持っているかいないかで
お酒が飲める体質か、そーではないかが決まります。
これは全く遺伝的なものなので
めちゃめちゃお酒が飲める人はこの2つを持っています。
中には「トレーニングをしてお酒が飲めるようになった」
という方もいらっしゃるかと思います。
その方は肝臓の働きによってアルコールを分解します。
薬物代謝系という経路で分解するのですが
この経路はかなり肝臓に負担をかけます。
また薬物代謝系が活性化する事によって弊害もあります。
手術をする際に麻酔を使いますが
その麻酔が効きづらい/早く醒めるという事があります。
盲腸か何かの手術で全身麻酔で開腹手術を受けた際に
途中で麻酔が醒めてきて
お腹をチクチクされる感覚が戻ってきた
という話を聞いた事があります。
都市伝説かもしれませんが。。。
飲み過ぎには注意しましょう(笑)

で、最近の働きエビの二日酔いは。。。
たくさん飲んだ次の日は
朝起きても酔っぱらったままの事があります(^^;)
いつ頃からでしょうか。。。顔は赤いままやし
足元はフラフラするし、朝から楽しいし(笑)
たいていは午前中に完全に抜けて
頭痛等も無いのですが、意外と困ります。
二日酔いではなくて
起きても酔っぱらってるだけですが。
で、面接前に会社のビルの回りを歩いていました。
面接が終わる頃には醒めてきていましたが。。。

書き始めた時は京都に着く前でしたが
もう名古屋を出ました。
自由席は少なからず立っている人がいる11:43です。
早起き(@o@)
おはようございます。
昨日、終電で帰ってきたんですが
今日は6時に起きて、神奈川県までの交通費を
計算していました。
これからシャワーを浴びて面接に行ってきます。
朝9:30と、出来るだけ早い時間に新幹線に乗って
15時からです。

今の時点で軽く気持ちが折れそうです(汗)
今日は家での作業と。。。
今日は家での作業です。
というのも、昨日、学校から完全撤収してきました。
完全撤収については
新たな記事として書こうと思います。

さて、働きエビは今日から金曜日にかけて
怒濤の面接ラッシュです。

3月26日(水)......17時から面接in大阪
3月27日(木)......9:30面接in大阪
        15時から面接in神奈川県
3月28日(木)......15時から面接in京都

ちなみに今日は面接後に軽く飲み会があって
明日の「面接in神奈川県」は交通費が支給されます。
なので、深夜バスで帰ってこようと思っていたのですが
次の日も面接なので悩み中です。
また学校に行ってないので
印刷関係を家でしているのですが。。。
まずは家のプリンターの
セットアップから始めるハメになっていました。
プリンターを買ったのは。。。10月27日で
梱包も解かれないまま、放置されてました(爆)
朝(と言っても9:30)から梱包を解いて、場所を作って
セットアップして。。。痛快!エブリデーを見て(汗)
で、セットアップの続きをして。。。
その間に桜餅を食べ、トイレで用を足して
(そこまでかく必要なし??)

で、大した苦労も無く11時頃に全て完了して
さっき必要書類をプリントアウトしました。
これまで大学のレーザープリンターを使って
印刷する事が多かったので
家庭用のプリンター(EPSON PX-A620)の
速度、振動など軽い驚きです(笑)
それだけ、今まで恵まれた環境にいたという事ですね。

あと神奈川県まで行く交通費の計算も
しなければならないので、何気に忙しい
今日の働きエビです。
今日は少し肌寒いですが
ここ1週間でかなり温かくなりましたね。
桜の蕾もかなりふくらんできて
新芽の先端に桜色が見えてるものがありました。
桜

今週末にはチラホラと桜が咲くのでしょうかね?
今度は梅ではなくて、桜の花見ですかね。

今週は面接が3件確定で
もしかしたら金曜日にも面接が入るかもしれません。
しかし、どれだけ早くても入社は4月10日くらいになりそうです。
なので、10日くらいはニートになりそうです(涙)
ちなみにニート(NEET)とは
Not in Education, Employment or Trainingの略で
直訳すれば「教育、雇用あるいは訓練を受けていない」
となります。
NEETの定義としては35歳以下なので
働きエビは分類上、NEETになりますが
35歳を過ぎた人は、単なる無職です(笑)。

どうなるか分かりませんが
これで決まって欲しいなぁと思っています。
大学院生にこそ読んで欲しい本
働いている方にはもちろんなんですが学生。。。
特に研究室に所属している大学院生に
読んで欲しい本があります。
成功者の告白という本です。
これは基本的には経営学の本です。
著者の神田さんという方は
きっと経営者に向けて本を書かれたのだと思います。
これから起業しようと考えてる人
あるいは起業したが様々な問題を抱えた人に向けた本です。
グループの運営についてのノウハウや
グループの中でのリーダーの振る舞いについてなど
経営だけでなく
様々なグループの運営向けでも書いてあります。

それがなぜ、大学院生に読んで欲しいかと言うと
大学院生の中でグループ運営について
考えた事が有る人はあまり多く無いと思います。
この本にはグループ運営だけじゃなく
グループの運営者(教授やボス)が構成者に
どのような事を望んでいるか
また何をすればグループ運営者の目に留まるかという事が
運営者(=経営者)の視点から書かれています。
それは実際にはあまり聞く事が出来ない運営者の要望です。
それらを満たして
なおかつ将来的に自分が運営者となる時に
構成者をどのようにやる気にさせるかについて
考えさせられる本です。

成功者の告白の主人公も
雇われる側(=サラリーマン)から
雇う側(=経営者)になった時に様々な苦難に直面します。
その際に経営者視点のグループ運営について
考えさせられる事になります。
本の中では、救世主が現れて
主人公と会社/家庭は大事に至らずに済みます。
その事を事前に知っている事は
色々なアドバンテージになります。

働きエビもこの本を読んで
グループ運営者とまでは言いませんが
「もし自分がグループ運営者なら
どのようにして欲しいか」
という事を
考えるようになりました。
この本を読んで、色んな事を考えさせれました。
皆さんにお勧めの一冊です。


梅を見てきました
昨日、奈良市月ヶ瀬村の月ヶ瀬梅林に
梅を見に行ってきました。

朝、少しユックリめにでたので
かなり駆け足での梅見になりましたが桜とは違う魅力です。
大きな違いとしては
たくさんの種類がある事とその香りです。

月ヶ瀬梅林の奥の方には色んな種類の梅が分かるように
梅の種類が書いてある場所がありました。
(場所の名前を忘れてしまいました。。。)
そこが非常に美しかったのが記憶にあります。
働きエビの趣味に盆栽があります。
梅や松、杜松(知ってますか?ネズともいいます)が
働きエビは好きです。
なので、梅の種類というのが非常に興味があります。
そこで見た梅の中で興味を引いたのは
梅の中でも、「枝垂」が気になりました。
梅1

ちなみにこの写真は「月影(つきかげ)」という
花びらのガクが緑色になる種類です。

梅には早咲き、遅咲きなど色んな種類があって
興味深い植物の1つですね♪

またそのむせかえるような香りも春を感じさせる
大きな要因の1つです。
ずっと香ってるんですが風の具合などによって
香りをすごく感じたり感じなかったり。。。
フワッと香ったときには、まさに濃密な梅の香り
桜とは大きく違う、春の花見の醍醐味です。

梅林に行く前に草餅を買ったのですが
ちなみに
色々と変わっていました(笑)
特にそのお店の女将さん、草餅屋さんなのに
下から「女優ライト」が当たっていました。
草餅自体は非常に美味しくていいんですが
女将さんの謎具合がとても気になります(爆)

http://backy0175.at.webry.info/200803/article_12.html
ここに草餅画像あります。
私が単位取得退学を決意した理由
偉いサン(?)と飲んできました
「単位取得退学&就職に踏み切られた」理由を教えてと
コメントを頂きました。
これまで、働きエビが単位取得退学&就職しようと
思った理由について書いたつもりでいたのですが
書いてない事をピエロさんに気付かせて頂きました。
ありがとうございます。

少し長いかもしれませんが
コーヒーでも飲みながら、気長に読んで下さい。

さて、まずその大きな理由の1つが
ポスドクというポストについて
あまり快く思っていない事です。
(くわしくはコチラを見て下さい)
それには年齢的な事もあります。
働きエビはプロフィールにも書いてある通り
2007年で30歳になりました。
ポスドクの任期は単年?最長5年です。
それを複数回、経験して
なおかつインパクトの有る研究をする事で
(=たくさん論文を出す/有名雑誌に投稿する)
大学や公的研究機関で
世の中一般に言う正社員と同様の
任期のない職である准教授になる可能性があります。
(助手(助教)は任期付です)
それには若くても35歳、一般的には40歳前後になるまで
日本中、下手すれば世界中を渡り歩く事になります。
またそれだけ経験すれば
誰でも必ず職にありつけるというモノではありません。
近年、40歳近くで
任期付ではない職に就けない博士が問題化しています。
このような人達は遅かれ早かれ
次の職に就く事が非常に困難になります。

また働きエビの世代では就職氷河期や大学院重点化などで
大学院進学者が非常に多いです。
それに対して、ここ数年間からさらに今後にかけて
大学の規模縮小が言われています。
子供の数が少なくなるため
現在と同じ規模で大学を維持する事は無理だという考えです。
そのため超有名旧帝大クラス以外では
教授以下、大学での様々なポストの削減が進んでいます。
パイはますます小さくなり
それを欲しい人は多くなるばかりです。

元々、大学などのアカデミックポストに
ほとんど執着のなかった働きエビです。
一般企業での研究職を希望していますが
学位取得がいつになるのか
先の見えない日々が続いていました。
さらに30歳を過ぎた新入社員(博士)など
企業としては採用するのを躊躇する事が目に見えています。
今でさえ、すでに30歳なのに
今後の事を考えると
ますます就職が困難になると考えました。

その時に働きエビのの信用出来る友人でもあり
研究室の先輩から
「学位申請のメドが立っているなら
単位取得退学後に学位申請を行う
という選択肢もある」

いう事を教えて頂きました。
確かに単位取得退学後3年以内であるなら
課程博士として学位を申請出来ます。
(ちなみに論文博士というのもあります)
学位申請には規定があり

1. 必修単位を全て、またX単位以上を取得している事
2. (査読の有る)学術雑誌に英語でY報以上、投稿および 出版されている事(出版予定でも可)
(XおよびYは各大学によって異なります)

現在の私の研究の進捗状況を指導教官に相談したところ
「今ある手持ちのデータに多少、データを加える事で
学術雑誌に論文を投稿する事は十分に可能で
おそらくそれを満たせば学位申請も可能だろう」と
言って頂けました。
ただし、学術雑誌へは論文が書き上がれば
すぐに投稿して出版されるものではありません。
その論文がデータの量や質など
投稿した雑誌に載せるだけのレベルを満たしているのかを
複数の査読者が判断します。
(簡単にいうと、チェックされるのです。)
そのために早くて数週間、一般的には
数ヶ月の時間を要します。

経済的な問題も当然あります。
すでに30歳ですし
親も既に定年退職をしています。
これ以上、大学に通えるほど
働きエビ自身も、親にも経済的な余裕はありません。
また海外では
単位取得後退学をした後で学位申請する事も
珍しい事ではないようです。

このような事から
働きエビは単位取得退学をして、就職しようとしています。
なので、Ph.D(=博士号)を諦めた訳ではありません。

ただし、働きエビと同じように
単位取得退学後の学位申請を考えている方に
いくつかの忠告をしなくてはいけないと思います。
1つ目は、仕事と学位申請の同時進行は
決して楽な道ではない
という事です。
これは働きエビ自身、まだ経験していない事なので
あくまで想像ですが当然の事ですよね?
2つ目は、
申請出来ない可能性があるという事を
考えておかなければならない、という事です。
必ず学位申請が出来る保障は全くありません。
学位申請をするためには自分の努力も必要ですが
教授や研究室との関係も大切にしなければなりません。
働きエビの知り合いの方でも
教授との人間関係が上手くいかなくて
申請出来ずに年限を過ぎてしまった人も知っています。
また論文を投稿した後、もう少し実験が必要になった時に
他の人にお願いするのか
あるいは自分で休みの日に行って実験するのかなど
頻繁に連絡を取っておく必要があります。

指導教官も自分も心のある人間なので
良い関係を構築しておくのが、学位申請をする第一歩です。

私が単位取得後退学&就職をしようと考えた理由について
多少なりとも分かって頂けたでしょうか?
長い記事を最後まで読んで頂いて
ありがとうございました。
2つ落ちました
今日、2つの会社から不合格の知らせが来ました。
1つは一般のメーカーですが
もう1つは特定派遣会社からでした。
一般メーカーはともかく
特定派遣会社の一次面接に合格出来なかった事は
正直に言って非常にショックです。
考えられる事は多くはありませんが
面接時に年収を書く欄がありました。
そこに書いた金額が、企業側からすれば
高額だったのかもしれません。

ただショックな事だけではありませんでした。
応募していたバイオベンチャー企業の
面接日と場所が決定しそうな感じです。。
当初は東京での面接と言われたのですが
出張の予定があるらしく
関西地方で面接を受けられそうな感じです。
仕事は東京ですが
貧しくなりつつある働きエビなので
非常に嬉しいです。
偉いサン(?)と飲んできました
昨日、働きエビの大学の学部長&学科長と
お酒を飲む機会がありました。
というのも、働きエビの指導教官が2007年度に生物学科長で
その慰労会が学部長主催で行われました。
ただお酒&食事(お寿司でした)が余っているので
「研究室の若い人達に振る舞おう」というコンセプトか
どーかは分かりませんが、ボスからお呼びがかかって
働きエビの所属する研究室の男性3人で
お邪魔させて頂きました。

そこにいらっしゃったのは
生物学科長、化学科長、学部長の3名だけでした。
このような事を書くのは非常に失礼ですが
学部長は本当に頭の回転が早く、気配りの出来る人で
物腰の柔らかい尊敬出来る人物でした。
学部長がこのような事を仰っていました。

「今の社会は
お金持ち、お金儲けの出来る人が偉いという
風潮がしてならない。
それもイリーガルな手段を使ってもお金さえあれば
偉いようにしてしまう風潮がある。
それは私(=学部長)としては非常に奇異に感じる。
しかし
このような世の中にしてしまったのは
私達の世代なのかもしれない。。。


また、これはとある学科長が仰っていたことですが
「科学研究費の配分に非常に疑問を感じる。
というのも
現在、国が主導する研究費は優秀な成果を出す教授
あるいはグループ1%未満に全体の8割以上が
配分されているのではないか?
ある超大物教授が言っていたのは
『著名な雑誌(=○atureやSien○e)に
論文を発表するまでは非常に苦しい財政状況であった。
しかし発表後は
資金を得る事が簡単になった。
それはある種、当然だし喜ばしい事だが
もらう研究費のほとんどは過去の成果に対してであって
これから行う予定の
全く新しい概念の研究にはお金が出ない。

結局、過去の成果でお金をもらって
新しい実験をする。
これは
本来の科学振興という面から考えると非常におかしい。
本来の科学振興とは
新しい芽を見つけるために
広く資金を提供して
その中から
より優秀な人材や
アイディアを発掘するため

のものであって
今のままだと学閥であるとか縁故から抜け出せずに
本当に優秀な人材を有用に活かせないんじゃないか』」
との意見でした。

結局、お金があるところじゃないと
新しい研究も出来ない。
それでは、今以上の発想は得られないのではないか
との事でした。

大学の先生方が、それも学科が異なっていても
このように思われるのは
本当に何かしら問題があるのでは無いかと
思わされます。
メーカーの書類選考合格!
昨日、とあるメーカーの書類選考を通過して
一次面接に行ける事になりました。
雇用形態は契約社員なので
正社員とは違うのですが、最長5年まで契約延長可能、
契約が切れた後は正社員への登用ありです。
しかも、面接に行く交通費は全額支給です。
今、奨学金も支給されておらず
今年一年は貯金を切り崩して生活していたので
非常に助かります。
(そんな年に限って、結婚式が3回。。。T_T)

仕事内容としても
生物学的な実験をさせてもらえそうです。
スキルアップとしても、なかなか魅力の有る仕事なので
頑張ってきたいと思います。

面接はまだ先ですが
色々と応募した甲斐があります。
何よりもたくさん、応募しないとダメみたいです。

契約社員と特定派遣の正社員
まだどちらも決まった訳じゃないのですが
どちらがいいのでしょうか。。。?
調べたところによると
契約社員は昇給および賞与は無いので
正社員と比較すると恵まれてはいないようなんですが。。。
まぁ腰を落ち着けて仕事が出来るというのは魅力です。
でも特定派遣でも同じですよね。
どちらが将来的な点において安定なのでしょうか?
ご存知の方はコメントお願いします。
さらに1社、特定派遣で書類審査通過です
一昨日、最初に応募した特定派遣会社の書類審査を
パスしたと連絡がありました。
特定派遣会社については3社応募して
3社とも書類審査は合格です。

書類審査を3社ともパスしたという事から
1.特定派遣は常に人材不足?
2.定着率が低い?
って事が考えられます。

働きエビのようにメーカーで働きたいけど
コレまでの研究が理学的で
会社で活かせる知識ではなかったり
あるいは経験が無いという事で
中途採用では雇ってもらえない場合
特定派遣というのはある程度、良いのかもしれません。

ただ、かなり明確な目的というか自分の意志を強く持って
将来像を考えておく必要がありそうです。
それはどんな事/仕事をしていても
同じかも知れませんが。。。

まだ書類選考を通過しただけにすぎません。
これからも頑張っていこうと思います。
中間報告会終わりました。
昨日、大学院での最後の行事(?)である
博士後期課程の学生の中間報告会が無事に終わりました。
もっと批判的な事を言われるような会かと思いましたが
案外そーでもなく、より研究が進むための
アドバイスをたくさん、頂きました。

その後、働きエビの同じ研究室の友人Hと
もう一人の同期Nの3人で
夕方の公園で缶ビールを飲みました(笑)
コレまでの事、将来の事、今おかれている状況など
色んな事を話す事が出来ました。
同期のNクンは働きエビと同様、2007年度で
単位取得退学をして就職します。
その時の就活の話と働きエビの就活の話や
将来の不安など、知らない人が見れば
「青春」って感じだったと思います。
しかし実際にはHとNは29歳で、働きエビよりも1歳下です。
青春というよりも
「理想と現実のギャップに苦しむ
大人の入り口にいる3人」
が正しいのでしょうか。
また同じ研究室のHは4月からも研究室に残るので
就活の事についてはかなり興味津々な感じでした。

どちらにしても
腹を割った同期3人の話、興味深かったです。
もう1つの特定派遣会社に行ってきました
今日の午後から
もう1つ応募した特定派遣会社に行ってきました。
とあるビルのフロアに入っていたのですが
まだプレートが出来てなくて、うる覚えで
「5Fやったかなぁ。。。」と思って5Fに行っても無くて
ついついケータイ電話で確認してしまいました。

さて、面接についてはコレまで同様
働きエビの履歴書であるとか職務経歴書などを見て
発展的な話をしました。
今日のはとりあえず一次面接で
専門知識を持った人が書類を見て色々と判断するそうです。
リクナビ等で常に募集しているという事は
それだけ離職者も多いという事なのでしょう。
それは良くも悪くもだとは思いますが。

つまり
優秀な人は派遣先の企業で新たに雇用されるか
あるいは、より条件の良い特定派遣/メーカーに
移って行く
。。。
(ちなみに特定派遣は基本的にはスカウト禁止ですよね?)
あまり優秀じゃない/問題が有る人達は
何らかの形で会社を追われるのではないでしょうか

そのような事があるので
特定派遣会社および一般派遣会社では
常に募集をかけているような状況なのだと思います。

どのような状況が各会社にあったとしても
働きエビはモチベーションを高く持って
頑張っていこうと思います。

ちなみに特定派遣会社の
3年後離職率とかご存知の方は、コメントして下さい。
よろしくお願いします。
今日もこれから面接
今日もコレから特定人材派遣会社に行ってきます。
最近、スーツも着慣れてきて、何だか微妙な気持ちですね。

最近、人材紹介会社と人材派遣会社の相違点という事が
気になってきました。
人材紹介会社については4社、利用させて頂いてますので
大まかな事はいえると思うのですが
人材派遣会社については今日を含めて3社なので
今日の会社に行ってから
言いたい事を言おうと思っています。

今日は天気がいいので
少しお出かけ気分で行ってきますが
。。。髪の毛を切りたいので、迷い中です。。。
特定派遣会社に行ってきました
金曜日の午後から
某王手の特定人材派遣会社に面接に行ってきました。
場所は。。。まぁ大阪市内の某所です。

印象はユルユルです(笑)
予約のTELがあった時に
「めちゃめちゃモッチャリ話す女の子やわぁ。。。
もうちょっとキッチリした人が話した方が
企業の印象として良いのに」って思っていたのですが
TELしてくれた人はTELオペレーターでは無くて
化学/生物系のエージェントでした(笑)
多分、賢い人だとは思うのですが
話し方がユックリ&子供みたいな声なので
「この人、TELで損してるやろなあぁ。。。(^^;)」って
勝手に思ってました(笑)

その特定派遣会社は
働きエビの大学の同期の子が働いてるのと
今の研究室の後輩(M2)が
この4月から働く事になっています。
で、そのエージェントは働きエビの友人である2人とも
知っているので
働きエビとしては、心安く話してきました。

ただ問題が1つ。。。
昼食でひじきを食べたのですが
それが歯に挟まったまま面接に望んでいました( _ _ )ペシャ
恥ずかしいの一言に尽きます。
社会人とてダメな人だと思われてないか
初対面の人と会うのに
基本的な身だしなみ(?)が出来ていなかった自分に
恥ずかしい限りです(T_T)
殴り込み??
水曜日、在阪ベンチャー企業にお断りをさせて頂いた後
人材派遣会社のWDBに行ってきました。
理系...特に化学系や生物系の派遣業務に関しては
非常に有名な会社です。
そこのエージェントの対応に腹が立って
TELではラチがあかないので直接行って話そうと思いました。

というのも、そこの支店から
派遣の仕事のオファーを頂きました。
しかし通学途中で30分のTEL攻撃でご立腹(>o<)の
コメント欄
で書いたように
派遣にしても低すぎる給与と
家から2時間であるとか、一人暮らしをするには
決して不十分な給与であるとの事で
辞退させて下さいと月曜日に伝言させて頂きました。
しかし泣き落としというか
論点をハッキリさせないTELが続いて
あまりに腹が立ったので、断わりました。
それでもネチネチと
「特定派遣での登録ではいかがですか?」と
言ってくるのですが
コメント欄にも書いたように
一般派遣であろうが特定派遣であろうが
数千円程度しか変わりません。
それで「もういい加減にしてくれ!!」って感じで
メールをしたのですが
その返信にこのような事が書かれていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
何よりこれから社会人となる方で
約束を守るということは極めて大事な事であり
自己的にそれを破るということは
ご自身の信用問題につながります。
そこをよくお考えいただきたいと思っております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

非常に横柄な態度と、失礼な文面であると感じて
もうケンカする覚悟で会ってきました。
そのエージェントさんもまさか
直接、来るとは思っていなかったのでしょう。
ちょっとビックリしていたようでした。

話した結果として
働きエビがエージェントに対して受けた印象は
「木曜日の面接の予定を
水曜日にキャンセルの連絡するの
私は嫌だなぁ。。。」
です。
働きエビは月曜日の時点でキャンセルをお願いしましたし
火曜日にも同様に
TELおよびメールで言っていたにも関わらず
そこまで引っ張ったのはWDBのエージェントです。
働きエビとしては
行かなくても良いようにする事が目的だったので
これ以上、何も言いませんでしたが
ハッキリ言って、非常に不愉快な思いをしました。

これ以上、WDBを利用する気には到底成れないので
近々、利用の中止をさせてもらおうと考えています。

皆さんのご意見も聞きたいので
コメント頂けると有り難いです。
お断りしてきました
先週、社長面接をして
合格を頂いた在阪ベンチャー企業ですが
昨日お断りしてきました。
やはり派遣であれ当分は研究職に就きたいと考えているのと
(オファーを頂いたのは学術営業です)
その会社で生物学的な研究が出来ると思っていたのですが
それが不可能っぽいからです。

しかし非常に有り難い事に
そのベンチャー企業の人事系の最高責任者に
「もし今後、学術営業で仕事をしようと思った時には
一度、連絡して下さい」とまで仰って頂きました。
昨日もお断りした時にも
まるで母親のような視点から色んな助言をいただいて
あまり言えないような、その企業の問題点を
赤裸々に教えて頂いきました。

なぜココまで言って頂けるのか皆目、見当も付きませんが
働きエビは人との出会いに助けられています。
人材紹介会社のエージェント、昨日のベンチャー企業の方
飲み友達......非常に有り難いです。
昨日も人材紹介会社のエージェントと
一緒に行ってきましたが、その方も
「働きエビさんだけ
あんな風に言われて羨ましいと思いました」と。。。(笑)

袖すり合うも他生の縁とか
一期一会を大切に、と思って生活しています。
「この人のためなら、何かしてあげたい」と思われるような
人間になろうと思っています。

昨日は人の優しさについて
非常に有り難く思った一日でした。
通学途中で30分のTEL攻撃でご立腹(>o<)
先日、某人材派遣会社から
一般派遣のお仕事の連絡をいただきました。
場所も近畿圏内で魅力的なお仕事ではあったのですが
一般派遣という雇用形態であったために
話は聞いたものの、余り乗り気ではありませんでした。
それが、相手企業が一度、面接したいとの事で
面接の日程を提示されました。
しかしやはり派遣というのが不安に思って
。。。というのも、確実に年収300万円に届かない
どころの話じゃなくて
200万円台に乗るか乗らないか程度の待遇です。

それでも嫌がってると
「特定派遣ではどうですか?」との事で
給与を提示されたのですが。。。
ご存知の方は多いと思いますが

一般派遣
...交通費なし、手当等なし
特定派遣
...交通費全額支給
賞与および手当支給


なんですが、提示された給与および交通費手当を
全て合算すると一般派遣の給与です。
結局
働きエビの手元に残るお金は
一般派遣と特定派遣で
全く変わりません。


担当の方の対応等に非常に腹が立っています。
面接の結果
先週、面接を受けた受けた、とある在阪ベンチャー企業の
結果を知らせて頂きました。
その結果は。。。なんと合格です!!
働きエビの就職活動の中で初めて合格を頂きました。
ただ先日から書いているように
働きエビが配属されるのは「学術営業」らしいです。
今日は朝から人材紹介会社の担当のエージェントや
研究室のポスドクや
その企業の事をよく知っている営業の人達に
相談しています。
色んな考え方があるので、非常に参考になります。

ただ企業の方が
2回目の面接の時の働きエビの態度。。。というか
提示した業務内容について
働きエビが不満/不安に思っているじゃないかって事で
改めて面接をして頂ける事になりました。
12日までに心の中を整理する必要があります。
何かアドバイスがあれば、コメント頂けると幸いです。
明日は結婚式&披露宴&二次会
明日は友人の結婚式です。
新郎と友人なんですが、その関係を人に説明すると
非常に不思議がられます。
ちなみに働きエビと彼は
「同じ高校で、働きエビが1コ先輩で
一緒に教育実習をやった仲間」です。
酒好きの私にしては珍しく
彼はあまりお酒を飲みません。
酒を飲まないヤツは人間じゃない
とは思いませんが
中華料理を食べに行って
餃子とカ○スオレンジは
絶対にマッチしない!

と思ってしまいます(笑)。
ちなみに教育実習をしたのは5年以上前で
当時の仲間とは数人だけですが
連絡を取り合っています。
そのうちの働きエビともう1人(女性ですが)だけが
「とりあえずビール」派で
あとの5人くらいは
カ○スオレンジとかディ○ミルクとか
。。。食事はマッチしないでしょう?ってモノと
居酒屋料理を食べるので
働きエビは珍しい生き物を見る目で見ています(笑)
特定派遣会社へ応募
先日の、ベンチャー企業での面接が
働きエビが考えていた業務内容とは隔たりがあって
このままでは4月からの就業が
非常に難しくなってきました。
そこで、特定派遣会社3社へ応募しました。
その分野では有名な会社2社と
一般的に有名な会社の、R&D部門です。
特定派遣会社へ応募したからと言って
確実に特定派遣会社へ就職出来る訳でもありませんし
特定派遣会社への就職が最終目標ではないので
このまま就職活動は継続します。

ただ特定派遣会社への応募のタイミングが
遅かったように思います。
それは働きエビ自身の未熟さによるものですが
時間的な余裕が少ししかないので
実際、焦っています。
研究とは関係ないけど。。。(笑)
今週はボスが学会のため出張でいないのですが
。。。研究室がFXで盛り上がっています(笑)
ちなみに今、1$=102円を挟む攻防らしいですが
この数円の攻防が、研究室の何人かの運命を
ガッチリ掴んでいるようです。

ちなみに働きエビは
コレから焼き肉を食べてきます?♪
迷い中。。。
昨日、ついに社長面接に行ってきました。
正直に言うとビミョーでした。
先週、聞いていた話だと
「基本的には研究職で、時々、学術営業」って
理解してたのですが
昨日の話では
「基本的には学術営業、研究職では採らない」って
明言されました。
ずっと研究職で生きていけるとは思っていませんが
出来るだけ研究職で行きたいですし。
ベンチャー企業を大きくするというのは
非常に魅力的ですが。。。
働きエビの本当にしたい事は
何か新しいモノを作って
それによって会社が大きくなる
です。
それに、出来れば働きエビの今、持っているスキルを
活かしたいと思っています。
しかし昨日の企業では。。。
その辺りがビミョーな気がしています。
緊張してきました
明日ついに先週行った、とあるベンチャー企業の二次面接です。
この企業に決まれば
それで働きエビの就職活動を終わりにしようと思っています。
近畿圏でしかも働きエビが得意とする
遺伝子を使った研究開発をさせてくれる数少ない会社です。
今日は朝からお腹がキリキリ痛くて。。。
あんまり緊張しない性格なんですが
文字通り、本当に人生がかかっているので
肩に力は入るし
人材紹介会社の人とか、働きエビの研究室の営業担当の人に
訳の分からんメールを送るし。
実は今日、博士課程の中間報告会の要旨締め切りだったのですが
あまりに手に付きませんでした。
それなりのモノは出せたと思うのですが
ホンマに緊張して、よく分かりません。
どのくらいの緊張かというと。。。
初めての学会発表が口頭発表ってくらいでしょうか(汗)?
あるいは高校の合格発表とか、本当にそんな感じです。

本番には...特に喋る事に対しては強い方なので
明日、起きたら大丈夫だとは思うのですが
それよりも今晩きちんと眠れるのかしら。。。
明日、寝坊だけはしないように頑張ります。
連絡待ち中は不安です。。。
現在、次の面接の日時の連絡待ちであったり
あるいは具体的な日時は決まっていないけど
すでに面接の予約が入っている状態です。
こんな時って、非常に不安で。。。
というのも、就職活動自体は停滞している訳ではないんですが
停滞しているような気持ちになっています。
他の企業に応募すれば良いのですが。。。

今週、二次面接を受ける予定の会社は
働きエビの現在のスキルを存分に活かせて
なおかつ働きエビ自身も、それなりに興味のある分野です。
そのためにかなり集中して
その会社の概要を調べたり
研究について分からない事を調べたりしているのですが
それは非常に時間と集中力が要る作業なので
他の会社への応募にまで、気持ちが行かないのが現実です。

それ以外にも
所属する大学院で、今年初めての試みである
「博士後期課程学生の、専攻内公開中間報告会」の
要旨書きなどもあります。

しかも関係ないのですが
今日の朝、体重を量ってみると
ベスト体重よりも4kgも重いんです
そりゃ?追いコンとか飲み会とかが重なって
普段よりもたくさん飲んだし食べたと思います。
しかも最近、便秘気味で週に2?3回くらいしか
お通じがありません。
もう少し頻繁に走った方が良いのですが。。。
唇の怪我も治りかけてきたので
出来るだけ走りましょうかね?。
とりあえず、この4kgは落としたいです(>o<)

copyright © 2005 博士課程の学生が私企業に就職するまで all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。